長野県安曇野市「アロマセラピーサロン レ・ニンフェア」女性の身体と心を癒します☆アロマテラピー・リフレクソロジー(足裏マッサージ)・ヒーリングタオライアー癒しの音で お子さまからシニア世代までライフステージに応じたトリートメントで女性の悩みにこたえます

安曇野のアロマセラピーサロン Les Nympheas(レ・ニンフェア)

TEL :0263-72-3306 MAIL:salon@aromanympheas.com

〒399-8204 長野県安曇野市豊科高家1137-161

▽ハーブティンクチャー

ハンガリーウォーター~若返りの水~を飲んでみた

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★[facebook]ハンガリーウォーター~若返りの水~を飲んでみた

 

4月初めに皆さんと一緒に作り始めた「ハンガリーウォーター~若返りの水~」。

熟成始めて1ヵ月以上経ちました。

 

普段は化粧水として使ってますが、原料はハーブとウォッカなので飲んでみようと!(初)。

原液そのままはスッキリ爽やかアルコールマウスウォッシュ☆

とても飲めないので、リンゴジュースで割ってみたら…美味しい♪

薬草感タップリ★ほんのりローズ。

カンパリぽい。(カンパリも薬草酒ですもんね。納得☆)。

 

最近お酒は控えていたもので、すぐに酔いが回ってきた…かも。

10308098_502648879858078_8431960425600710096_n   10155388_502648869858079_4856825455810581456_n

*――゚+.――*

コンサルテーションを通してあなたに合ったアロマブレンドオイルをお作りいたします。

毎日、頑張っているあなたに。こり固まった身体がほぐれると、軽やかな心が戻ってきます。

 

Les Nympheasアロマセラピートリートメント

メニュー→ ☆メニュー☆

ご予約はこちら → ☆ 予約フォーム ☆

予約可能な時間帯はこちら → ☆ 予約可能な時間帯 ☆

 

※アロマセラピートリートメントは植物から抽出した精油を用い、健康状態の維持と向上、免疫力、回復力を強化するものであり、治療とは違う側面をアプローチする、身体と心全体を網羅するホリスティックな療法です。

 

★☆thank you☆★

和のティンクチャー

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★和のティンクチャー

 

改めてハーブを取り寄せなくても周りにある和の素材でティンクチャーが作れるんですよ。

ご紹介したいのは

・どくだみティンクチャー

・びわの葉ティンクチャー

・緑茶ティンクチャー

の3つです。

 

どくだみティンクチャーは、私が思春期のニキビに悩んでいた時に母が作ってくれたものです。

幸い私の住んでいた町は自然が多く、どくだみも簡単に手に入りました。

どくだみは”生”のものを使います。”乾燥”させたものは成分が変わってしまうのだそうです。

皮膚の炎症やニキビなどの殺菌、水虫に効能があると言われています。

*~*~ どくだみティンクチャーのレシピ ~*~*

(材料)

・どくだみの葉・花     ガラス製密閉容器がいっぱいになるくらい。

・35~40度のウォッカ   どくだみを入れた容器になみなみと。

<作り方>

①    どくだみの葉をよく洗いよく水けをきり瓶に入れ、ウォッカを加えふたをする。

②    直射日光を避け2週間~1か月保存し、どくだみの成分を抽出させる。

③    ろ過し、どくだみティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(2年間)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

びわの葉ティンクチャーは、教えていただいている華道の先生が虫刺されの際に塗っていました。

やけど、皮膚病、切り傷、虫さされの他、うがいをすることで風邪予防にも役立ちます。

冬、一年以上たった緑色が濃く葉肉の厚いできるだけきれいな葉で作るといいそうです。

*~*~ びわの葉ティンクチャーのレシピ ~*~*

(材料)

・びわの葉        40g

・35~40度のウォッカ   400ml

<作り方>

①    びわの葉をたわしを使ってよく洗い水けをきり一日天日干しする。

② びわの葉を1cm幅程度に切り瓶に入れ、ウォッカを加えふたをする。

②    直射日光を避け3か月~半年保存し、びわの葉の成分を抽出させる。

③    ろ過し、びわの葉ティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(5年以上)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

緑茶ティンクチャー、コチラは使ったことがないのですが、今度作ってみようと思っているものです

殺菌消毒、消臭、美白、収斂作用がある緑茶を使ったティンクチャーです。

消臭スプレーやうがい液、マウスウォッシュとして利用できます。

緑茶を飲むだけではなく、ティンクチャーとしても活用できるんですね。

*~*~ 緑茶ティンクチャーのレシピ ~*~*

(材料)

・煎茶          40g

・35~40度のウォッカ   400ml

<作り方>

①    煎茶を瓶に入れ、ウォッカを加えふたをする。

②    直射日光を避け2週間~1か月保存し、煎茶の成分を抽出させる。

③    ろ過し、緑茶ティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(2年)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

和のティンクチャー、身近にあるもので作れます。皆さんも作ってみてはいかがでしょう。

 

*――゚+.――*

コンサルテーションを通してあなたに合ったアロマブレンドオイルをお作りいたします。

こり固まった身体がほぐれると、軽やかな心が戻ってきます。

Les Nympheasアロマセラピートリートメント ご予約はこちら → ☆ 予約フォーム ☆

 

※アロマセラピートリートメントは植物から抽出した精油を用い、健康状態の維持と向上、免疫力、回復力を強化するものであり、治療とは違う側面をアプローチする、身体と心全体を網羅するホリスティックな療法です。

 

★☆thank you☆★

美白ハーブティンクチャー

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★美白ハーブティンクチャー

 

”白い肌=美しい”といわれるようになってから、女性が求めてやまないもの・・・

それは『美白』ですよね。”色の白いは七難隠す”とも言いますし。

これからの季節、Les Nympheasのお庭の手入れで庭師と化す私にはとっても重要なもの。

ハーブの力をお借りし”美白美人”を目指します。

(いやいや、追いつかないかも。日焼けあとだけでも何とか・・・かな。)

 

今回ご紹介する「美白ハーブティンクチャー」は色素沈着を予防し、皮膚細胞を活性化することでシミを目立たなくしてくれます。

材料として使われている”ヒース”はメラニン生成抑制の作用があるアルブチンを含んでおり、シミやソバカスの色素沈着の改善に有用といわれています。

可愛らしい細かいピンクの蕾が”美白ハーブティー”によく入っていますよね。

美白ハーブティーと美白ハーブティンクチャー化粧水の併用で美白率UPです。

 

*~*~ 美白ハーブティンクチャーのレシピ ~*~*

(材料)

・ドライハーブ

オレンジフラワー 6g、カモミール・ジャーマン 6g、ヒース 6g、ローズヒップ 6g

・無水エタノール 160ml

・精製水     240ml

※無水エタノール+精製水は35~40度のウォッカで代用可

 

<作り方>

①    ドライハーブを軽くすりつぶし瓶に入れ、精油、無水エタノールと精製水を加えふたをする。

②    直射日光を避け1~3か月保存し、ハーブの成分を抽出させる。

③    ろ過し、ハーブティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(2年間)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

お風呂に入れることで薬草風呂になりますし、化粧水・乳液・クリーム・石鹸を作るときに加えることもできます。

日焼けあとの化粧水、パック、クリームなど美容面で活用できますね。

 

『ハーブティンクチャー』とっても重宝しますので、皆さんも作ってみてはいかがでしょう。

 

*――゚+.――*

コンサルテーションを通してあなたに合ったアロマブレンドオイルをお作りいたします。

こり固まった身体がほぐれると、軽やかな心が戻ってきます。

Les Nympheasアロマセラピートリートメント ご予約はこちら → ☆ 予約フォーム ☆

 

※アロマセラピートリートメントは植物から抽出した精油を用い、健康状態の維持と向上、免疫力、回復力を強化するものであり、治療とは違う側面をアプローチする、身体と心全体を網羅するホリスティックな療法です。

 

★☆thank you☆★

親子で使えるかゆみ用ハーブティンクチャー

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★親子で使えるかゆみ用ハーブティンクチャー

 

昨日、私が化粧水として使っている「ハンガリーウォーター」のレシピをご紹介しました。

ハーブティンクチャーはハーブをアルコールに浸して有用成分を抽出したものです。

材料のハーブを変えることによって異なる効能を持つハーブティンクチャーを作ることができるんですよ。

 

今日、ご紹介したいのは「親子で使えるかゆみ用ハーブティンクチャー」。

赤ちゃんのおむつかぶれやあせも、大人の乾燥肌やかゆみに役立つハーブティンクチャーです。

 

カモミール・ジャーマン、ラベンダー、カレンデュラの3つのハーブには、ともに、皮膚のかゆみや炎症を抑え、皮膚を再生してくれる有用性があります。

また、お子様のお肌にも使える作用のやさしいハーブです。

※ただしアルコールを使いますので、お子様、アルコールに敏感な方は希釈しパッチテストを行ってからご利用くださいね。

※キク科アレルギーをお持ちの方もパッチテストを行ってください。カモミールとカレンデュラはキク科の植物です。アレルギー反応が出てしまう方もいらっしゃるようです。

 

*~*~ 親子で使えるかゆみ用ハーブティンクチャーのレシピ ~*~*

(材料)

・ドライハーブ

カモミール・ジャーマン 12g、ラベンダー 8g、カレンデュラ 10g

・無水エタノール 160ml

・精製水     240ml

※無水エタノール+精製水は35~40度のウォッカで代用可

 

<作り方>

①    ドライハーブを軽くすりつぶし瓶に入れ、精油、無水エタノールと精製水を加えふたをする。

②    直射日光を避け1~3か月保存し、ハーブの成分を抽出させる。

③    ろ過し、ハーブティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(2年間)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

お風呂に入れることで薬草風呂になりますし、化粧水・乳液・クリーム・石鹸を作るときに加えることもできます。

植物油を乳化させて作ったクリームに混ぜれば、かゆみ肌用ハーブクリームになります。

クリームを作るのは・・・ちょっと大変。という方は、市販の無香料クリームを使うと簡単にできますよ。

 

『ハーブティンクチャー』とっても重宝しますので、皆さんも作ってみてはいかがでしょう。

 

☆ 写真は、昨年お庭に咲いたカモミール ♪♪

 

*――゚+.――*

コンサルテーションを通してあなたに合ったアロマブレンドオイルをお作りいたします。

こり固まった身体がほぐれると、軽やかな心が戻ってきます。

Les Nympheasアロマセラピートリートメント ご予約はこちら → ☆ 予約フォーム ☆

 

※アロマセラピートリートメントは植物から抽出した精油を用い、健康状態の維持と向上、免疫力、回復力を強化するものであり、治療とは違う側面をアプローチする、身体と心全体を網羅するホリスティックな療法です。

 

★☆thank you☆★

若返りの水『ハンガリーウォーター』

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★若返りの水『ハンガリーウォーター』

 

14世紀頃、70歳をすぎたハンガリー王妃「エリザベート1世」に持病の治療薬として献上された「ハンガリーウォーター」。

王妃が入浴や洗顔や化粧などに使用したところ持病のリウマチは治り、更には美しさも取り戻し

ポーランドの若き王から求婚されたという伝説があります。(本当だったら素敵☆)

 

「ハンガリーウォーター」は数種類の乾燥したハーブをアルコールに1~3ヵ月ほど浸して有用成分を抽出したものです。

 

私もこの伝説にあやかって・・・というわけではありませんが、

ハンガリーウォーター希釈し、グリセリンを配合して化粧水としてを使っています。

 

若返りの水「ハンガリーウォーター」のレシピが残っているんです。

トカゲの丸焼きやコウモリ、毒蛇の毒、・・・なんて、 危険なものは使っていませんのでご安心ください。

 

*~*~ ハンガリーウォーターのレシピ ~*~*

(材料)

・ドライハーブ

ローズマリー 10g、ペパーミント 10g、ローズ 8g、オレンジピール 2g

・精油(ネロリかオレンジ)3滴

・無水エタノール 160ml

・精製水     240ml

※無水エタノール+精製水は35~40度のウォッカで代用可

 

<作り方>

①    ドライハーブを軽くすりつぶし瓶に入れ、精油、無水エタノールと精製水を加えふたをする。

②    直射日光を避け1~3か月保存し、ハーブの成分を抽出させる。

③    ろ過し、ハーブティンクチャーを保存用容器に移す。

レシピと日付を書いたラベルを貼り保存する。(2年間)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

化粧水として使用する場合には精製水・芳香蒸留水で4倍に薄めます。

(アルコールに敏感な方はそれ以上に希釈。お肌の様子を見て調整してください。)

 

化粧水としての利用だけではなく、

お風呂に入れることで薬草風呂になりますし、乳液・クリーム・石鹸を作るときに加えることもできます。

 

とっても重宝しますので、皆さんも作ってみてはいかがでしょう。

 

☆ご案内☆

2015/5/29(金)10:00~・31(日)10:00~

2014/4/5(土)10:00~ ハンガリーウォーターの仕込みをします。

ご一緒にいかがでしょうか。⇒ ☆ワークショップ☆

 

*――゚+.――*

コンサルテーションを通してあなたに合ったアロマブレンドオイルをお作りいたします。

こり固まった身体がほぐれると、軽やかな心が戻ってきます。

Les Nympheasアロマセラピートリートメント ご予約はこちら → ☆ 予約フォーム ☆

 

※アロマセラピートリートメントは植物から抽出した精油を用い、健康状態の維持と向上、免疫力、回復力を強化するものであり、治療とは違う側面をアプローチする、身体と心全体を網羅するホリスティックな療法です。

 

★☆thank you☆★