「Les Nympheas(レ・ニンフェア)」は安曇野にあるプライベートアロマセラピーサロンです。病院に通うほどの症状ではないが身体や心に不調を感じている方、疲労・ストレスを感じている方、いつまでも健康な生活を送りたい方に、アロマセラピー・リフレクソロジー・ソウルサウンドライアーを通して免疫力・自然治癒力を高める癒しの時間を提供しています。本来の自分に戻りより生きやすく過ごすお手伝いをさせていただいただきます。

安曇野のアロマセラピーサロン Les Nympheas(レ・ニンフェア)

TEL :090-7412-2950 MAIL:salon@aromanympheas.com

〒399-8205 長野県安曇野市豊科4770

ヤ行

今日は冬至 冬至といえばユズ湯☆

安曇野の小さな アロマセラピーサロン「レ・ニンフェア」 英国IFAアロマセラピスト 長澤香央利です。

 

★今日は冬至 冬至といえばユズ湯☆

 

今日は冬至です。1年で最も夜の長い日。

 

冬至といえば「ユズ湯」ですよね。

「冬至」→「湯治」という意味でユズの入ったお風呂に入るという風習ができたんだそうです。

 

お風呂に入るのはわかるけど、なんでユズを入れるの?

 

どうやらユズの性質に由来しているというのが有力な説のようです。

ユズの木というのは寿命が長く虫などに強いという特徴があり、

それにあやかって、

「ユズのお風呂に入ると長生きと病気にならない」

無病息災という願いが込められているんだそうです。

 

 

★ユズの香りをアロマセラピー的にちょっと解説すると・・・

 

ユズの香りには「リモネン」という芳香成分が70%以上も含まれており、

血管を拡張し、身体の血流を促してくれます。

身体を温め免疫系を強化してくれる香りなんです☆

 

ユズの香りを嗅いでいると自然に唾液が出てきますよね。

ユズの香りは胃腸を強壮し、消化促進・便秘の緩和もしてくれます☆

 

ユズ湯の風習が始まったころには、アロマセラピーというものはありませんでしたが、

昔の人たちはユズの香りの有用性を経験と自然の感覚で感じ取っていたのかもしれませんね。

 

アロマセラピーにユズ精油が利用され始めたのは最近です。

他の和精油(ヒノキ・スギ・モミ・橙など)とともに世界で注目されている精油なんですよ。

 

日本人にとっては庭先にあり、お料理にも使われるとても馴染み深い香り。

お子様からご年配の方までみんなに好まれる香りなので、

玄関でお客様をお迎えする香りとして、おすすめです(*^-^*)

 

 

★☆thank you☆★